ホーム  » 成果発表  » アーカイブ: 2012年

成果発表

アーカイブ: 2012年

プラズマ波動-粒子相互作用の直接計測に関する検討会

2012年12月25日

プラズマ波動-粒子相互作用の直接計測に関する検討会
共催:名古屋大学太陽地球環境研究所

日時:2012年12月25日(火)
会場:名古屋大学高等研究総合館1F会議室
参加者:20名

プログラム
13:00-13:10 はじめに
13:10-13:30  ERG衛星での波動粒子相互作用の直接観測に向けたWPIA計測手法の紹介(疋島)
13:30-13:45 スペースチェンバー内の直接計測によるプラズマ波動・粒子相互作用の室内基礎実験 —プラズマ波動計測系の開発—(小嶋)
13:45-14:00 スペースチェンバー内の直接計測によるプラズマ波動・粒子相互作用の室内基礎実験 —電子ビーム粒子分析系の開発—(平原)
14:00-14:15 スペースチェンバー内の直接計測によるプラズマ波動・粒子相互作用の室内基礎実験 —シミュレーション環境の詳細—(下山)
14:15-15:00 チュートリアル講演:Triggering Process of Rising-tone Emissions(大村)
15:20-15:40 ドリフト波乱流における波動-粒子相互作用と輸送(渡邉)
15:40-16:00 実験室プラズマにおける高エネルギー粒子励起不安定性とそれに伴うイオン温度の上昇(長壁)
16:00-16:20 ミラー磁場配位中のイオンサイクロトロン周波数帯自発励起波動と高エネルギーイオンの相互作用(市村)
16:20-16:40 大型レーザーを用いた実験室宇宙物理研究の現状(坂和)
16:40-17:00 方向性プローブ法を用いたシアアルベン波と高エネルギーイオンの相互作用の直接計測(永岡)

集会報告:PDF
発表資料 ※アクセス制限有り】

【論文発表】The Energization and Radiation in Geospace (ERG) Project

著 者:Miyoshi, Y., T. Ono, T. Takashima, K. Asamura, M. Hirahara, Y. Kasaba,
    A. Matsuoka, H. Kojima, K. Shiokawa, K. Seki, M. Fujimoto,
    T. Nagatsuma, C. Z. Cheng, Y. Kazama, S. Kasahara, T. Mitani,
    H. Matsumoto, N. Higashio, A. Kumamoto, S. Yagitani, Y. Kasahara,
    K. Ishisaka, L. Blomberg, A. Fujimoto, Y. Katoh, Y. Ebihara,
    Y. Omura, M. Nose, T. Hori, Y. Miyashita, Y. Tanaka, T. Segawa,
    and ERG working group
雑誌名:Dynamics of the Earth’s Radiation Belts and Inner Magnetosphere,
    Geophys. Monogr. Ser., vol 199,
    edited by D. Summers, I. R. Mann, D. N. Baker, and M.Schulz,
    pp.103-116, AGU, Washington, D.C., doi:10.1029/2012BK001304, 2012.

【論文発表】Radiation background and dose estimates for future X-ray observations in the Jovian magnetosphere

著 者:Kasahara, S., Y. Ezoe, T. Kimura, and Y. Miyoshi
雑誌名:Planetary and Space Science, in press

【学会発表】Simulation on the IMF Bz control of the whistler mode wave excitation associated with the high-speed coronal hole streams

著 者:Miyoshi, Y., V. K. Jordanova, R. Kataoka, Y. Katoh, and M. Hikishima
会議名:AGU Fall Meeting 2012, San Francisco,
    2-7 December, 2012

【学会発表】Performance tests of medium-energy electron analyzer and ion mass spectrometer developed for SPRINT-B/ERG

著 者:Kasahara, S., K. Asamura, T. Takashima, and M. Hirahara
会議名:AGU Fall Meeting 2012, San Francisco,
    2-7 December, 2012

【学会発表】Significance of Wave-Particle Interaction Analyzer for direct measurement of nonlinear wave-particle interactions

著 者:Katoh, Y., M. Kitahara, H. Kojima, Y. Omura, S. Kasahara, M. Hirahara,
    Y. Miyoshi, K. Seki, K. Asamura, T. Takashima, and T. Ono
会議名:AGU Fall Meeting 2012, San Francisco,
    2-7 December, 2012

第3回基盤S会合

2012年12月05日

基盤S会合

日時:2012年11月30日(金)
会場:東北大学理学部 物理系研究棟7階710室
   10:00-16:00

アジェンダ:
・ハードウェア班の進捗と今後の予定(小嶋)【発表資料 ※アクセス制限有り】
・シミュレータ班の進捗と今後の予定(三好)【発表資料 ※アクセス制限有り】
・その他(来年度の予定、他分野との共同研究など)

【論文発表】THEMIS observation of chorus elements without a gap at half the gyrofrequency

著 者:Kurita, S., Y. Katoh, Y. Omura, V. Angelopoulos, C. M. Cully,
    O. Le Contel, and H. Misawa
雑誌名:J. Geophys. Res., 117, A11223, doi:10.1029/2012JA018076, 2012.

プラズマ波動解析ワークショップ

2012年11月05日

日時:2012年11月2日(金)
会場:名古屋大学高等研究院
10:30-12:00 セミナー
  プレゼンター:O. Santolik (Institute of Atmospheric Physics, Czech Republic)
  タイトル:Propagation properties of whistler-mode chorus
12:00-13:30 昼食
13:30-14:30 Clusterでの波動データ解析について (O.Santolik)
14:30-15:00 ERG/PWEのデータ解析について (笠原禎也:金沢大学)
15:00-15:15 休憩
15:15-15:45 ERG/S-WPIAの機上データ処理について(小嶋浩嗣:京都大学)
15:45-16:15 ERG/S-WPIAのデータ解析について(加藤雄人:東北大学)
16:15-17:15 議論

【学会発表】Evaluation of WPIA method on generation process of chorus emissions by full-particle simulations ー toward the ERG satellite

著 者:疋島充,加藤雄人,大村善治,小嶋浩嗣,三好由純,小野高幸,WPIA検討グループ
会議名:第132回 地球電磁気・地球惑星圏学会総会および講演会,
    札幌コンベンションセンター,札幌,
    2012年10月20日~10月23日

ページ先頭